わたしたちの思い

きょうと里親支援・ショートステイ事業拠点『ほっとはぐ』は、地域の親御さんの子育てを支援する拠点、そして、子どもの育ちを一緒に応援してくださる里親(主にはぐくみさん)を支援する拠点として、発足いたしました。

わたしたちは、乳児院積慶園(社会的養育を必要とする乳幼児が暮らす施設)で、長年従事してきました。施設での経験を通して、子ども一人ひとりの育ちを支えることや、家庭や家族へつなぐ支援の大切さを学んできました。その中で、子育ては、周囲の助けなくしてはできないことを実感してきました。

わたしたちは、今、手助けが必要な家庭に届く支援を実現したいと思っています。
困難を抱えている養育者に寄り添い、丁寧にお話を聴きながら、子どもへの関わり方を一緒に考えます。そして、地域で安心して暮らしていけるよう、応援します。時には、安心して子どもを預けてもらえる、子育て支援も充実させてまいりたいと思います。

わたしたちは、里親家庭での養育が安全で安心して行われるようにサポートしていきます。
親御さんに、養育が困難な状況がある時、社会的な養育を担う里親家庭に託せるという選択肢があることは、子どもの人生にとって大きなチャンスとなります。地域の家庭で暮らし成長していくプロセスを、一緒に見守り、応援し、将来に希望を持てるように支えていただくことが里親家庭の大事な役割になります。

わたしたちは、地域で暮らす子どもたちが、安全な環境で安心して生活し、子ども時代をとことん楽しみ、大人へと成長する過程に、希望と期待が持てる地域社会をめざして、この新しい拠点が役立てられますよう、日々精進してまいりたい所存です。

今後とも、『ほっとはぐ』をよろしくお願い申し上げます。

令和2年10月1日

武田 由(臨床心理士・公認心理師)
藪下 聡美(里親SW・保育士)